女性マーケティングとは?手順や事例、おすすめサービス3選を紹介

  • LINEで送る

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

 

女性マーケティングとは、女性をターゲットに、女性向けの商品やサービスの売上を伸ばすために行う施策です。この記事で、女性向けのマーケティングを行うときの基本的なポイントをご紹介します。事例や女性マーケティング担当者におすすめのサービスも紹介しているので、ぜひご参考ください。

株式会社ディライトソリューションズでは、他社のサイトをリマケできる新Web広告手法ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)を展開しています。

競合サイトのURLを指定していただくことで、見込み客を自社サイトに誘導することが可能。広告費をおさえながらCVアップが狙えます。

もし、

  • Web広告予算に余裕がないため、広告単価を安く済ませたい
  • 競合サイトのWeb集客力が強くて、自社商品・サービスのPRがうまくいかない
  • 他のWeb集客手法を使ってみたけれど、いまいち成果が出ていない

とお考えでしたら、弊社までお問い合わせください。

それぞれのお悩み解消に効果てきめんなライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)の詳しいご説明をさせていただきます。

1.女性マーケティングとは

女性マーケティングとは、女性向けの商品・サービスを展開する企業が、女性に向けてマーケティングを行うときの総称です。女性視点マーケティング、女性向けマーケティングとも呼ばれています。

女性マーケティングでは、ジェンダーレスが盛んになる昨今、女性と男性という区別が適切でないかもしれませんが、女性的特徴と男性的特徴に分け、切り口の異なるマーケティングを行います。

(1)特徴

女性的特徴として主に、感覚、イメージ、共感が大事なことが挙げられます。論理的な根拠やメリットなどよりも、どれだけ商品・サービス購入後のイメージを描き、そこに共感してもらえるかが鍵です。

たとえば、同じビジネススクールの広報であっても、男性向けには「週15時間で自分の意見を組み立てる“意見力”を磨く」という数値と得られる能力を具体的に示すのが効果的です。

一方、女性向けには、「一人一人に寄り添ったサポート体制で、自分に自信をつけ、幸せになりましょう」という未来の自分の幸せ像への共感を促すのが効果的です。

また、別の女性的特徴として、マルチタスクが得意、長期的思考より瞬間的思考が優先されるなどがあります。

(2)メリット

総務省の調査によると、男性の就業者が減少傾向にあるのに対して、女性の就業者はこの20年で300万人増加しています。

(引用:労働力調査 基本集計 全都道府県 全国 年次1-1-1 就業状態別15歳以上人口(2000年~) | 統計表・グラフ表示 | 政府統計の総合窓口 (e-stat.go.jp)

これは、経済的に自由度の高い女性が増え、さらに女性の消費決定機会が増えている傾向にあるといえるでしょう。女性視点のマーケティングができれば、新たな顧客を獲得できる可能性が十分にあるということです。。

また、マーケティング戦略をしっかり行っているのに効果がイマイチ上がらない場合などに、女性視点のマーケティングを考えることで、新たな発想や改善点が見える可能性があります。

(3)注意点

女性マーケティングを考える上での注意点は2つあります。

①ステレオタイプで考えていないか確認する

マーケティングの対象が、「都会で働くOLはピンヒールで美白重視」というような固定化されたステレオタイプの女性像になっていないかを確認しましょう。

まずは、「容姿に気を遣う」など一般的で普遍的な価値観をもとに、具体的にどんな女性(あるいは男性)がその価値観を強く持っているのかを探ってみてください。、その上で、性差による影響があるのかないのか、今の時代の活きた情報を集めましょう。

②トレンドは常に変化すると意識しておく

女性の消費傾向は1~3年で変化します。それは、女性的特徴の一つであり、女性ファッションが男性ファッションに比べて充実していることや美容院の数に現れています。

トレンドが変化することを念頭に置き、それを上手く活用して、とくにロングセラー商品を売り出す際などに、プロモーションに反映すると効果的です。

2.女性マーケティングの手順3ステップ

次に、女性マーケティングを考える手順をご紹介します。

(1)ターゲットのライフコースからニーズを考える

ライフコースとは、人生設計のことです。まずはターゲットとしている女性のニーズを的確に捉えるために、ライフコースを考えてみましょう。

たとえば、同じ36歳子持ちの専業主婦であっても、どんなライフコースなのかで価値観が異なります。

子育てが終わるまでは就職を考えていない女性の場合、子育て中は家族が第一で自分にお金をかけることが少なくなります。一方で、早々の再就職を考えている女性であれば、まずはパートで働きながら社員雇用を目指し、共働きの生活のために、時短サービスの費用を惜しまないと考えられます。

このようにライフコースによって価値観が異なり、価値観が異なれば必然的に欲しい物が変わります。

今は女性のライフコースが多様化しているため、働く女性という大分類の中にある、共働きなのか、子どもがいるのか、キャリア重視かなど細かくライフコースをみていく必要があります。

(2)戦略設計

ライフコースからニーズを把握したら、次は市場のトレンドを調査し、自社業界のマーケティングを行います。ライフコースと市場のトレンドをかけ合わせることで、戦略の方向性が決まります。今度はその方向性に沿って、具体的な数値目標や行動計画を立てます。

(3)評価・改善

戦略を実行した後は、どの程度成果が出たのかを評価します。成果が不十分であった場合、その原因を分析し、改善します。

3.女性マーケティングの事例

作業服メーカーとして知られているワークマンが「ワークマン女子」というハッシュタグでSNSで話題になりました。きっかけは、厨房など水や油で滑りやすい環境用につくられた靴が、妊婦や子育て中の女性の間で話題になったことです。

そこから、今までほとんどターゲットにしていなかった女性向けの日常で使える商品を開発し始めました。

また、単に女性向けの商品を開発するだけでなく、共感力という女性的特徴を活かし、SNSでシェアしやすい店舗工夫を行いました。

ワークマンでは、このようなトータルプロデュースによって売上を確実に伸ばしています。

参考:快進撃支えるワークマン女子の商品提案。競合なし、値札見る必要なしで4000億円市場で独り勝ち | Business Insider Japan

4.女性マーケティング担当者におすすめのサービス3選

次に女性視点のマーケティングを行う上でおすすめのサービスを3つご紹介します。

(1)Web広告ライバルマーケティング広告

ディライトソリューションズが提供するライバルマーケティング広告は、競合のサイトにアクセスしたユーザーに対して自社広告を表示できます。

そのため、競合サイトの集客力が高ければ高いほど、自社の商品・サービスをアピールすることが可能です。

また、広告を見るのは競合サイトにアクセスする女性のため、すでに高い購買意欲を持っている可能性があります。闇雲に広告を配信するよりも成約が見込めるので、CPA(顧客獲得単価)を減らしたい企業にも最適です。

Webサイト⇒https://delight-solutions.co.jp/services/competitor/

(2)調査分析サービス女性インサイト調査

女性の消費傾向のトレンドや女性の本音を深掘りするのが「女性インサイト調査」です。手法は5つあり、グループインタビューなど直接アンケートをとるものもあれば、店舗などの改善点を提案するのもあります。自社の周りに対象となる女性が少ない場合や、どうしてもステレオタイプの女性像から抜け出せない際に有効なサービスです。

Webサイト⇒https://herstory.co.jp/service/insight

(3)Webメディア女性マーケティングアカデミー

女性マーケティングアカデミーでは、カテゴリー毎に女性視点のマーケティングの考え方や事例、具体的にキャッチコピーの付け方などを記事として読めるようになっています。気になる記事を読むだけでもかなり学びになります。女性視点のマーケティングに行き詰った際に何かしらヒントが得られるような内容になっています。

Webサイト⇒http://www.jm-channel.com/academy/

5.Web広告を検討中なら株式会社ディライトソリューションズまでご相談ください

女性マーケティングでは、「女性はこうである」とステレオタイプで考えない、さまざまなライフコースがありニーズが多様である、など柔軟に考えることが何よりも大切です。

その上で、自社に適したWebプロモーションを展開すると、ワークマンのような成功に近づきやすくなるといえるでしょう。

株式会社ディライトソリューションズでは、新Web広告手法ライバルマーケティング広告(ライバルマーケティング広告)を提供しています。

特定のWebサイトにアクセスしたユーザーが別のページに遷移したタイミングで、自社広告を表示。Webサイトは、お客様のほうで自由にいくつでも指定できるため、競合サイトを指定すれば、自社商品・サービスに興味のあるユーザーにピンポイントで配信できます。従来のWeb広告手法よりも高い訪問率や成約率を実現できるのが特徴です。

ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)は、

  • コストをかけずにWebプロモーションがしたい
  • リスティング広告を出向したけれど効果が出ていないような気がする
  • 記事広告を活用して集客したい
  • O2Oマーケティングがうまくいかない
  • Google広告や動画広告を効果的に表示させたい

そうした課題を抱えている企業様にも多く選ばれています。

マーケティングご担当者様は、お気軽にお問い合わせください。

CPA(顧客獲得単価)を半分におさえることに成功した事例のご紹介を交えながら、ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)の特徴やメリットを、より詳しくご説明いたします。

 

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

  • LINEで送る

関連記事はありません