ジオターゲティングを簡単解説!始めるときに注意すべきことは?

  • LINEで送る

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

 

商品やサービスをユーザーに届けるために様々な方法を知っておくと、届けたいユーザーに合わせてPRの方法を選択できます。今回はマーケティング手法の中でも、詳細にユーザーを特定できるジオターゲティングの概要と使い方のポイントをご紹介します。

株式会社ディライトソリューションズでは、他社のサイトをリマケできる新WEB広告手法「ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)」サービスを展開しています。

競合サイトのURLを指定していただくことで、見込み客を自社サイトに誘導することが可能。広告費をおさえながらCVアップが狙えます。

もし、

  • 広告予算に余裕がない
  • 競合サイトの集客力が強くて、自社商材のPRがうまくいかない
  • 他の広告手法を使ってみたけれど、いまいち成果が出ていない

とお考えでしたら、弊社までお問い合わせください。

それぞれのお悩み解消に効果てきめんな「ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)」の詳しいご説明をさせていただきます。

1.ジオターゲティングとは

ジオとは、英語で地球や土地を意味する言葉です。ジオターゲティングとは位置情報を活用するマーケティング手法を言い、位置情報を使って広告を配信する方法をジオターゲティング広告といいます。

(1)ジオターゲティングの特徴

ジオターゲティングには、2つの情報取得経路があります。

①GPS

GPSとは携帯電話など電波を発信する機器が衛星を通して、位置情報を把握するシステムです。携帯電話の日本の個人保有率は6割で、1日の90%の時間持ち歩いているといわれています。契約の際の個人情報と合わせて位置情報を把握することで、たとえば30代女性の1日の過ごし方やよく出入りするお店などを把握できます。

②IPアドレス

インターネットの接続によって位置情報を把握します。機器にはIPアドレスが付与されており、そのアドレスからインタ-ネットに接続します。そのため、同一機械がどこでインターネットに接続したかがわかり、位置情報記録をとることができます。

(2)ジオターゲティングのメリット

位置情報から得られるユーザーの行動履歴をマーケティングに活用するのが、ジオターゲティングです。これを広告に活用したジオターゲティング広告の主なメリットは、次の3つです。

  • 広告表示したユーザーが実際に店舗に行ったかどうかわかる

これは広告効果を測る上でも非常に有用なデータです。ターゲットの設定がサービス内容と適していれば店舗利用者は増えますし、実際の店舗利用者の分析を行うことで新たなユーザー層を見つけることもできるでしょう。

  • リアルタイムでその場にいる人に情報を配信できる

店舗に滞在中のユーザーや、そのユーザーの周辺にいるユーザーに対してリアルタイムに広告配信が行えます。たとえばスーパーの時間限定セールの情報を発信し、近くにいるユーザーに店頭での購買を促せます。従来の「呼び込み」宣伝をデジタル化したということであり、ジオターゲティング広告ならではの特徴です。

  • 認知拡大の目的で費用対効果が高くなりやすい

ウェブ広告だけではリーチできなかったユーザーに配信できるのも強みです。これまではチラシやポスターなどを使い、時間をかけて発信していた情報を、効率的に一瞬でユーザーに届けれます。そのため、認知の拡大や実店舗の集客において、他の方法と比べたときに費用対効果が高くなりやすいです。また、実際の行動に対する広告効果まで計測できるため、1ユーザー獲得にかかった費用を正確に算出できます。

(3)ジオターゲティングのデメリット

デメリットは次の2つです。

  • サービスを利用するときに最低出稿金額がある

ジオターゲティングを始めるには、いくつかのサービス提供会社があるのですが、それぞれに最低出稿金額があり、値段は1,000円~100万円と幅があります。その費用をどのくらいの期間でどのように使うかは設定できますが、自由に広告費を設定できるわけではありません。

  • 商品購入や予約目的には適していない

広告表示をクリックし、オンライン上で手続きが必要な商材・サービスには適していません。

(4)ジオターゲティングの具体事例

身近な事例が、LINE Beaconです。LINEのユーザー基盤を使って、ビーコン(※)を設定しているユーザーに、近くの店舗情報やキャンペーン情報などを配信できます。それによって客数が増え、売上アップに繋がっている飲食店があります。

(※)ビーコンとは、ジオターゲティングの特徴的な発信方法です。分かりやすい例としてはBluetoothです。ある一定の範囲に対して情報を発信できる機器のことです。近年流行したPokemonGoもビーコンの一例です。

他にも、とあるジムでは、半径1㎞圏内、最寄り駅1㎞圏内の配信で入会数を増やすことに成功しました。ファミリー層が多く住んでいる団地への配信で、生徒数を増やした学習塾もあります。

ジオターゲティングを他の宣伝方法と組み合わせることも効果的です。

2.ジオターゲティング広告を始めるときのポイント

実際にジオターゲティング広告を始めるときのポイントをご紹介します。

(1)目的を確認する

ジオターゲティングは認知拡大、実店舗への集客、地域密着型のサービスの利用促進などに適した手法です。それ以外の目的の場合は、別の方法で行うのをオススメします。何を目的にして宣伝を行いたいのかをしっかり確認することが大事です。

(2)ターゲットを把握する

ジオターゲティング広告では、どんな人たちに届けたいのかを考えるのが重要です。

ターゲット設定は難しい部分もありますが、ターゲットが住んでいそうな場所、よく訪れそうな場所、既存ユーザーの共通点など色んな角度から検討してみましょう。とくに、ジオターゲティングと時間、曜日などの情報を組み合わせて、ターゲットの行動経路を考えてみるのもオススメです。

広告の効果を検証するためにも、最初に仮説を立てておくとスムーズです。

(3)サービスを慎重に選ぶ

ジオターゲティング広告には、取り扱っているサービスにはASEやRealPeopleなどがあり、それぞれ特徴があります。適したサービスを選ぶための主なポイントを3つご紹介します。

①精度

提供会社によって、位置情報をどの程度正確に把握できるかが異なります。自社のマーケティングに必要な情報精度があるかどうかを確認しましょう。

②スピード

情報配信のスピードのことです。リアルタイム配信に特化しているものもあれば、そうでないものもあります。提供会社のサービスでどんな配信ができるのかは、サービスを選ぶ上で気にかけたい項目です。

③予算

デメリットの部分でも述べましたが、最低出稿金額というのがあり、それをどのように使えるのかが各社異なります。たとえば、100万円が最低出稿金額だったとしても、3カ月間の中で適宜分配して使うことができたり、週ごとや曜日ごとに予算設定を変更できたりします。

そのため、金額だけで判断するのは早計です。予算をどのように使えるかという内容まで確認してください。

3.まとめ

ジオターゲティングは、ウェブだけではリーチできなかったユーザへのアプローチや実際の行動を知ることでユーザーの趣味・嗜好などより深く分析できることが強みです。逆に目的に合わなければ効果的に活用するのが難しいことと、始めるには専門的なサービスを利用する必要があり気軽に始められないのが弱みといえます。

その点、株式会社ディライトソリューションズが提供する新ウェブ広告「ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)」は、目的にあわせて最適な効果をあげることができます。どのように情報を発信したらいいかお悩みの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

  • LINEで送る

関連記事はありません