化粧品マーケティングとは その特徴と手順、オススメサービスなどを紹介

  • LINEで送る

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

 

化粧品マーケティングとは、化粧品を開発・販売している会社が、いかにターゲットに興味を持ってもらい購入してもらうか、具体策を思案して実際に行い、売上を伸ばす施策です。

化粧品のトレンドは移り変わりが激しく、同じターゲットでもニーズはどんどん変わります。一方で、ターゲットの印象に残るように、しっかりとしたブランドイメージを持つことも重要です。

この記事では、化粧品に特化したマーケティングのポイントや手順の基本をご紹介します。

株式会社ディライトソリューションズでは、他社のサイトをリマケできる新Web広告手法ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)を展開しています。

競合サイトのURLを指定していただくことで、見込み客を自社サイトに誘導することが可能。広告費をおさえながらCVアップが狙えます。

もし、

  • Web広告予算に余裕がないため、広告単価を安く済ませたい
  • 競合サイトのWeb集客力が強くて、自社商品・サービスのPRがうまくいかない
  • 他のWeb集客手法を使ってみたけれど、いまいち成果が出ていない

とお考えでしたら、弊社までお問い合わせください。

それぞれのお悩み解消に効果てきめんなライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)の詳しいご説明をさせていただきます。

1.化粧品マーケティングとは

化粧品マーケティングとは、化粧品に特化したマーケティングのことです。

(1)特徴

化粧品マーケティングの特徴は、トレンドの移り変わりが激しいことです。新商品が日々店頭に並びますが、新しいだけではユーザーに手に取ってもらうのが難しい市場です。そのため、コンセプトとターゲットを明確にすることが必要です。

(2)メリット

競争が激しい市場だからこそ、マーケティング行い、戦略に基づいて販売することが大切です。また、狙ったユーザーにアプローチできれば、リピートして使い続けてもらえます。

(3)注意点

化粧品マーケティングを行う上での注意点は次の2点です。

①価格競争に巻き込まれない

自社の商品価格自体が安価な場合は、ある程度仕方がありませんが、なぜその価格で販売するかという理由を持っておくのが重要です。安くすれば売れるからという考え方では、短期的な売上は見込めても、持続性がなくなる可能性があるからです。

②流行に左右されすぎない

変化の激しい市場だからこそ、トレンドを把握することは大事ですが、それに左右されすぎると自社のブランドイメージを育てていくことができません。化粧品業界の大手が長年に渡りシェアを継続できているのは、時間や宣伝費をかけたブランドイメージがあるからです。WebやSNSが普及した今、大手のような宣伝費がなくてもブランドイメージを作っていくことができます。自社のブランディングを行う意識も持ってみてください。

2.化粧品マーケティング3ステップ

化粧品マーケティングを行う上での基本的な3つの手順をご紹介します。

(1)市場の細分化を行う

移り変わりの激しい市場だからこそ、社会環境の変化などに合わせた市場環境を細分化して、情報を分析します。細分化を行う際に、次の4つの項目がヒントになります。

  • 人口動態変数:性別、年齢、職業など
  • 地理的変数:国、居住地など
  • 心理的変数:性格、価値観、趣味など
  • 行動変数:購買パターン、購買回数、購買頻度など

化粧品マーケティングであれば、たとえば、既存顧客の年齢層の変化や、定住しない人が増えてきた中で生まれる新たなニーズ、ユーザーの年齢による価値観の変化、購買パターンの傾向を確認するとよいでしょう。

(2)自社商品のポジショニングを確認

市場の細分化をしたあとは、どのユーザーを狙っていくか考えます。そのときに、自社商品が競合商品の中でどの位置づけにあるのか、たとえば保湿と美白であれば保湿、塗り心地のべたつき・べたつきなしでは、べたつきなしであるなど、商品の強みを軸に他社の商品と合わせてポジションを確認します。もし、他社商品で同じ場所にポジショニングしている場合、PRの方法を検討したり、商品の強みの見直しが必要になるかもしれません。

(3)PR戦略を考える

(1)と(2)の分析を活かして、自社とターゲットにあったPR戦略を考えます。ターゲットとどう接点を持つかを考え、適切な媒体を選択します。(2)で確認したポジショニングを活かす形でキャッチコピーなどを考え、効果的な戦略を練ります。

3.事例:コーセー AR+ECサイト「ネイルホリック」

化粧品メーカーで知られるコーセーは、2015年にネイルホリックという新しいネイル専門の事業を始めました。これはポジショニングが明確で、その事業名「ネイルホリック(ネイル中毒)」でもわかるようにネイル好きなユーザーのために、色の種類を格段に増やし、かつ一つの商品が手軽に試せる値段に設定されています。

その後、「実際に塗ってみると違う」というユーザーの声を反映させ、スマートフォンで自分の手を撮影すると、ネイル商品全てを試せるアプリを開発し、気に入ればアプリから直接ECサイトで商品を購入することもできます。ユーザー目線に立ち、他社との圧倒的な違いを活かして、プロモーションを展開し、売上を向上させています。

参考:p1423.pdf (kose.co.jp)利益で資生堂を抜いたコーセー、強さの源は:日経ビジネス電子版 (nikkei.com)コーセー、ネイルホリックから初の“バーチャルネイル試着アプリ”をリリース | 国際商業オンライン | 化粧品日用品業界の国内・海外ニュース (kokusaishogyo-online.jp)

4.化粧品マーケティング担当者におすすめのサービス

(1)Web広告「ライバルマーケティング」

数ある化粧品の中で、競合との差別化を図るのは正直難しい場合があります。そういうときには、自社の商品を同じようなポジショニングの競合のサイトを指定し、広告表示させることでニーズのマッチしたユーザーに自社の商品を宣伝することができます。Web広告の中でも、他社では行っていない、効果の高いサービスです。費用などはサービス提供している株式会社ディライトソリューションズまでお問い合わせください。

Webサイト⇒https://delight-solutions.co.jp/services/competitor/

(2)ユーザーリサーチ「ブランドオフィシャル

「アットコスメ」という化粧品の口コミまとめメディアを運営している株式会社アイスタイルのビジネス版として始まったブランドオフィシャルという事業です。これに登録すると、どんなユーザーがどんな化粧品を閲覧しているかのデータが得られたり、アットコスメに広告を出すことや自社の商品を掲載することができます。その他にも期間限定のPR枠やユーザーと企業をつなぐサービスなどを提供しているので、一見の価値があります。

Webサイト⇒https://business.cosme.net/

(3)インフルエンサーとつながる「株式会社ディール

化粧品マーケティングの効果的な宣伝方法にインフルエンサーに協力してもらうものがあります。しかし、どうやって、どのインフルエンサーに問い合わせればいいのか、判断が難しいかもしれません。そんなときに仲介として株式会社ディールを通して相談できます。

Webサイト⇒https://deel.co.jp/

5.Web広告を検討中なら株式会社ディライトソリューションズまでご相談ください

化粧品という一つのカテゴリーの商品を売るにも様々な手段、サービス、考え方があります。店頭に行って手に取って見るということが難しい今、Webを使ったサービスの重要性が増しています。まずは気軽に始められるWeb広告をぜひご検討ください。

株式会社ディライトソリューションズでは、新Web広告手法ライバルマーケティング広告(ライバルマーケティング広告)を提供しています。

特定のWebサイトにアクセスしたユーザーが別のページに遷移したタイミングで、自社広告を表示。Webサイトは、お客様のほうで自由にいくつでも指定できるため、競合サイトを指定すれば、自社商品・サービスに興味のあるユーザーにピンポイントで配信できます。従来のWeb広告手法よりも高い訪問率や成約率を実現できるのが特徴です。

ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)は、

  • コストをかけずにWebプロモーションがしたい
  • リスティング広告を出向したけれど効果が出ていないような気がする
  • 記事広告を活用して集客したい
  • O2Oマーケティングがうまくいかない
  • Google広告や動画広告を効果的に表示させたい

そうした課題を抱えている企業様にも多く選ばれています。

マーケティングご担当者様は、お気軽にお問い合わせください。

CPA(顧客獲得単価)を半分におさえることに成功した事例のご紹介を交えながら、ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)の特徴やメリットを、より詳しくご説明いたします。

 

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

  • LINEで送る

関連記事はありません