動画マーケティングとは 目的、主な手法と成功のコツ、事例を紹介

  • LINEで送る

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

 

動画マーケティングとは、動画を通じて商品やサービスを広報するWebマーケティング施策の一つです。その目的には、商品・サービスの認知度アップ、企業イメージの創出(ブランディング)、購入や問い合わせなどのコンバージョン獲得などがあげられます。利用される主な媒体には、YouTubeを始めとするSNS、アプリ、自社メディア、デジタルサイネージなどがあります。

この記事では、動画マーケティングの基本を押さえつつ、成功するためのコツをご紹介します。

株式会社ディライトソリューションズでは、他社のサイトをリマケできる新Web広告手法ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)を展開しています。

競合サイトのURLを指定していただくことで、見込み客を自社サイトに誘導することが可能。広告費をおさえながらCVアップが狙えます。

もし、

  • Web広告予算に余裕がないため、広告単価を安く済ませたい
  • 競合サイトのWeb集客力が強くて、自社商品・サービスのPRがうまくいかない
  • 他のWeb集客手法を使ってみたけれど、いまいち成果が出ていない

とお考えでしたら、弊社までお問い合わせください。

それぞれのお悩み解消に効果てきめんなライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)の詳しいご説明をさせていただきます。

1.動画マーケティングとは

動画マーケティングとは、YouTubeやアプリなどを通じて、商品やサービス、あるいは企業自体の認知度を高め、売上向上につなげる手法です。

今や、日常生活の中で動画に触れることが当たり前になっています。それを企業戦略に活用しようというのが動画マーケティングです。

(1)目的

動画マーケティングの目的は、主に3つに分けられます。

①認知度アップ:商品・サービスについて広く知ってもらう

②ブランディング:企業イメージや商品イメージを創り、ファンになってもらう

③コンバージョン獲得:動画からダイレクトに購入や問い合わせにつなげる

これは、「動画広告」でも「動画コンテンツ」でも同じです。目的によって内容がかなり異なるため、動画マーケティングを考え始める際には、どんな目的で動画マーケティングを行うのか整理しておくとよいでしょう。

(2)市場動向と重要性

動画マーケティングが注目されている理由は、動画市場が拡大しているからです。

2020年の国内動画広告市場は前年比114%の2,954億円、2024年には6,856億円に達すると予想されています。(参考:サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表 | 株式会社サイバーエージェント (cyberagent.co.jp)

市場拡大には、若年層へのインターネットデバイスの普及が影響しています。いつでも、誰でも気軽に動画を見ることができるようになり、ユーザーとの接点は広がりました。拡大市場に伴い、動画マーケティングの影響力と重要性は増しています。

2.動画マーケティングのメリット

動画マーケティングのメリットは、次の3つです。

(1)視覚・聴覚を使ってより多くの情報を伝えられる

動画のメリットは、なんといっても伝えられる情報量が格段に多いことです。他の手法と比べて、音によって一気に世界観に惹きつけることができますし、動きや物語性があることで視覚的にも印象に残りやすくなります。動画を少しでも見てもらうことができれば、一気に色んなことを伝えられます。

(2)SEO対策として有効

Googleでは、検索結果に動画が表示されることがしばしばあります。SEO対策を意識して行えば、一つの動画で広告の役割も兼ね備えたコンテンツとなります。

検索結果に表示される(SEO対策をする)には、検索キーワードを意識したタイトルや概要説明などが重要と言われています。

(3)思わず見てしまう機会が多い

他のメディアコンテンツや広告手法と比べて、動画は思わず見てしまう状況を作りやすいメディアです。テレビのように何かをしながら見たり、音楽を聞こうとして動画広告が流れたり、意図していないタイミングでも思わず見てしまう機会が多くあります。

身近な例でいえば、通勤電車の中で、駅名などを表示する画面に流れるニュースや動画クイズなど、見ようと思っていなくても、見てしまいます。ということは、潜在ニーズがあるユーザーに情報を届けることができます。

3.動画マーケティングの手法の種類と成功のコツ

続いて、動画マーケティングの主な手法をご紹介します。それぞれ成功させるためのコツも解説しているのでご参考ください。

(1)動画広告を配信する

動画広告には、Youtubeなどの動画配信前や途中に流すものや、ポータルサイトのバナーに表示するものなどがあげられます。

動画広告を動画サイト内で配信する場合、最初の5秒が勝負です。どの広告も5秒はスキップできないので、そこで印象に残る工夫をします。

一方で、動画サイト以外で動画広告を配信する場合、ほとんどが音声オフの状態で閲覧されます。そのため、音声より動きが重要になります。

【動画広告を配信するときのコツ】

  1. 最初の5秒にこだわる
  2. 音声オフでも楽しめる動画にする

(2)オウンドメディアやYouTubeチャンネルに動画を掲載する

動画コンテンツを作成して、自社サイトや自社のYouTubeチャンネルで配信する方法です。内容には、HOW TOや商品やサービスを実際に使ってみた感想紹介、会社案内などがあります。

動画コンテンツは制作に費用と時間はかかりますが、一度つくれば何年か経ったあとでも見てもらえ、資産になります。

成功のコツとしては、わかりやすくするために音声をサポートするテロップをいれたり、効果音を入れたりして見やすくすることです。たくさんの動画コンテンツがあるので、普段何気なくみている動画を制作目線で研究してみましょう。

【オウンドメディアやYouTubeチャンネルに動画掲載するときのコツ】

  1. 見せ方の手本をみつける
  2. テロップや効果音は費用をかけてでも入れる

(3)SNSや外部サイトで動画を配信する

動画コンテンツを作成し、SNSや外部サイトで配信する方法です。

ユーザーとの接点を増やすために主に用いられ、認知度が低いときやブランディングを始めたときにも効果的です。

コツとしては、ふとした日常生活や人間味がある内容でユーザーからの共感を得られるように意識すること。SNSは日常のちょっとしたスキマ時間に使われることが多いので、あまりPR色を出さないようにするのがポイントです。

また、動画の長さはできるだけ短めに設定します。長編を配信したいのであればURLを添付し、ユーザーに委ねるようにすることが大切です。

【SNSや外部サイトで動画を配信するときのコツ】

  1. 共感を呼ぶ内容を考える
  2. 動画の尺は短めにする

4.動画マーケティングの事例

動画広告と動画コンテンツのそれぞれの成功事例を紹介します。

(1)段ボール会社の新卒採用を動画広告で、28名応募

石川県を中心として事業を行う株式会社ダンボール・ワンは、2018年度の新卒採用の際に、RPG風の動画広告を配信し、結果的に28名から応募がありました。

RPG風の広告は一見何の広告かわからず、懐かしい雰囲気を持つ新しいゲームを想像させる始まりで、学生の心を掴み、のべ47万人に対して再生回数15万回となりました。そのうち表示回数が多い学生ほど、ブランド認知率が高まるという結果が出ています。

また、2018年度だけでなく、翌年のインターンシップへの応募が25名集まったり、ブース出展した際にも人が集まるなど、動画広告によって認知度が高くなっているのがわかります。

参考:GoogleAdWords_casestudy_danboruwan

(2)武田塾、受験生のための動画コンテンツで売上6倍

全国にフランチャイズ学習塾「武田塾」を展開する株式会社A.verは、YouTubeを中心にしたマーケティング戦略を行っています。

動画コンテンツの内容は、塾の良さをアピールするものではなく、受験生やその家族の疑問に答えるようなものが中心です。そのような動画を配信した結果、売上が6倍になったとのこと。

ユーザー目線で作ることがいかに大事かがわかる事例といえます。

参考:ユーチューブマーケティングの開拓者 「授業しない塾」データ基に動画: 日本経済新聞 (nikkei.com)

5.Web広告を検討中なら株式会社ディライトソリューションズまでご相談ください

動画マーケティングは、これからますます需要が伸びる可能性があります。活用の仕方次第で、売上を大きく伸ばせるでしょう。

しかし、一方で動画マーケティングは、時間や手間がかかるデメリットもあります。また、成果が出るまでの時間もかかりがちです。

そこで、動画マーケティングを検討している企業には、動画広告以外の広告(テキスト広告やバナー広告など)も併用し、企業の認知度を高めていくことをおすすめします。

株式会社ディライトソリューションズでは、新Web広告手法ライバルマーケティング広告(ライバルマーケティング広告)を提供しています。

特定のWebサイトにアクセスしたユーザーが別のページに遷移したタイミングで、自社広告を表示。Webサイトは、お客様のほうで自由にいくつでも指定できるため、競合サイトを指定すれば、自社商品・サービスに興味のあるユーザーにピンポイントで配信できます。従来のWeb広告手法よりも高い訪問率や成約率を実現できるのが特徴です。

ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)は、

  • コストをかけずにWebプロモーションがしたい
  • リスティング広告を出向したけれど効果が出ていないような気がする
  • 記事広告を活用して集客したい
  • O2Oマーケティングがうまくいかない
  • Google広告や動画広告を効果的に表示させたい

そうした課題を抱えている企業様にも多く選ばれています。

マーケティングご担当者様は、お気軽にお問い合わせください。

CPA(顧客獲得単価)を半分におさえることに成功した事例のご紹介を交えながら、ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)の特徴やメリットを、より詳しくご説明いたします。

 

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

  • LINEで送る

関連記事はありません