CPAとは?Web広告担当者が知っておきたい基本を一挙解説!

  • LINEで送る

  ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!  

インターネット広告を検討したり、経過を分析したりするときに聞きなれない用語が多く出てきます。今回はその中でも、欠かせない指標の一つであるCPAについて解説します。これを機に一緒に、CAPについての疑問を解消しましょう。

株式会社ディライトソリューションズでは、他社のサイトをリマケできる新WEB広告手法「ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)」サービスを展開しています。

競合サイトのURLを指定していただくことで、見込み客を自社サイトに誘導することが可能。広告費をおさえながらCVアップが狙えます。

もし、

  • 広告予算に余裕がない
  • 競合サイトの集客力が強くて、自社商材のPRがうまくいかない
  • 他の広告手法を使ってみたけれど、いまいち成果が出ていない

とお考えでしたら、弊社までお問い合わせください。

それぞれのお悩み解消に効果てきめんな「ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)」の詳しいご説明をさせていただきます。

1.CPAの基本

(1)CPAとは

CPAとは、Cost Per Acquisition または Cost Per Actionの略称で、主にインターネット広告の分野で使われています。広告経由で1件の成果(コンバージョン)を得るためにかかる獲費用のことです。成果とは、例えば会員登録や商材の購入、資料請求などです。全体の予算に対して、CPAの値が低いほど費用対効果が高いということです。

CPA:成果1件あたりの獲得単価

(2)CPAの計算方法

CPAの計算方法は次の通りです。

CPA=総広告費用÷成果数

【例】

種類 総広告費用/月 成果数/月 CPA/月
リスティング 150,000 10 15,000
バナー 300,000 15 20,000

同じ内容の広告を出していたとき、この場合CPAが低いリスティング広告の方が費用対効果が高いことが分かります。

(3)CPAを計算すれば広告費が適正かどうかわかる

CPAを算出した後に、その金額が適正であるかを判断するときに重要になってくるのが、成果1件で得られる利益です。広告費の目安は利益の40%です。

上記の例の場合、成果1件の利益が50,000円であれば、CPAは40%の20,000円を下回るので適正です。

しかし、成果1件の利益が1万円の場合、CPAの金額が利益を上回ってしまっているので見直しが必要です。コンバージョン数をあげる方法を考えるか、宣伝方法の変更を検討しましょう。

2.CPAを活かすには?知っておきたい3つの方法

(1)目標設定方法

前章でご紹介したように、CPAが利益を上回ってしまうと問題です。それを防ぐために、実際に広告を始める前に目標を設定します。

設定は、以下の手順で行うのが一般的です。

  • 手順①損益分岐点となる限界CPAを計算
  • 手順②獲得したい利益を考慮して目標CPAを決定

手順①損益分岐点となる限界CPAを計算

限界CPAは、以下の計算式で求めることができます

コンバージョン価値-原価=損益分岐点=限界CPA

コンバージョン価値とは何を成果とするかによって変わってきます。成果が商品購入の場合は売上がコンバージョン価値にあたりますが、資料請求が成果の場合、1件獲得しても売上になるわけではありません。

そういうときは、資料請求の後に実際の購入に至る確率を考えます。

30,000円の商品の購入確率が30%だったとき、コンバージョン価値は、商品単価(30,000円)×購入確率(30%)=9,000円です。そこから原価を引いたものが限界CPAになります。

また、通信教材や通販など1件の問い合わせからリピートが見込める場合は、商品単価×購入平均回数=コンバージョン価値です。

手順②獲得したい利益を考慮して目標CPAを決定

限界CPA-利益=目標CPA

限界CPAが算出できれば、あとは簡単です。1件の成果に対してどのくらい利益を見込みたいかで目標を決めてください。あくまでも目標なので、縛られすぎず、限界CPAと目標CPAの間で変動させれば、赤字になることなく宣伝できます。

(2)分析方法

CPAは宣伝効果を分析するための指標の1つとして重要ですが、実際分析する際はCPA以外の指標も必要です。とくに、CTR=クリックスルー率と合わせて検討すると、より詳細に宣伝効果を把握できます。

CTR計算方法:表示回数÷クリック回数=クリックスルー率(%)

CPAは予算に対してどのくらいの効果を上げれているのかを測りますが、CTRは広告からどのくらいクリックに誘導できているかの指標です。目標CPAを達成していたとしても、CTRが低い場合は、広告表示と目標CPAの設定に改善の余地があります。また、CTRが高いが目標CPAを達成できていない場合、誘導後のサイトや導線を見直す必要があります。

【分析例】

目標CPA CTR高い場合 CTR低い場合
達成 順調 目標設定の変更可、表示改善
未達成 サイト見直し 抜本的に見直し必要

(3)改善方法

改善方法は、どんな分析指標と組み合わせるかによって異なりますが、ここでは目標CPAから限界CPAの範囲内に収まらなかったときの改善方法を2つご紹介します。

①不要なクリックを減らす

成果に繋がらない不要なクリックを減らすことで、費用を抑えれます。バナー広告や動画広告であれば表示場所の見直しやターゲットの設定を変更することで改善できるか見てみましょう。リスティング広告であれば不要なキーワードを削除したり、実際にユーザーが検索しているキーワードを確認したりして、宣伝内容と関連性を高めていきます。

②コンバージョン率を上げる

クリック回数からコンバージョンに至っている割合を計算し、それを高める方法です。具体的には誘導サイトの改善を行います。キャッチコピー、文章の分かりやすさやユーザーのニーズに応える内容になっているかなど、今一度ユーザーの目線に立って確認し、改善していきます。

3.まとめ

CPAは、インターネット広告を始めるにあたって理解しておくとよい事柄です。目標CPAを決めておくことで、競合との駆け引きになりやすい入札単価の変動に対処できます。

もし、CPAに関する課題を自社だけで解決できない場合は、株式会社ディライトソリューションズにお気軽にご相談ください。新しいインターネット広告である「ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)」という手法を用いたことで、CPAが改善した事例が多数あります。よろしければ、お気軽にご相談ください。

 

  ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!  

  • LINEで送る

関連記事