マーケティング分析とは?重要な理由と5つの手法を簡単解説

  • LINEで送る

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

 

データに基づく意思決定が必要なマーケティングにおいて、マーケティング分析は自社の商品・サービスをニーズに合わせて提供していくために必要不可欠です。業界や商材によって異なる部分はありますが、きちんとしたデータを基に、分析のフレームワークに当てはめていけば道筋が見えてきます。この記事ではマーケティングの分析の重要性と一般的な分析手法を解説します。

株式会社ディライトソリューションズでは、他社のサイトをリマケできる新WEB広告手法「ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)」サービスを展開しています。

競合サイトのURLを指定していただくことで、見込み客を自社サイトに誘導することが可能。広告費をおさえながらCVアップが狙えます。

もし、

  • 広告予算に余裕がない
  • 競合サイトの集客力が強くて、自社商材のPRがうまくいかない
  • 他の広告手法を使ってみたけれど、いまいち成果が出ていない

とお考えでしたら、弊社までお問い合わせください。

それぞれのお悩み解消に効果てきめんな「ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)」の詳しいご説明をさせていただきます。

1.なぜマーケティング分析が重要なのか

マーケティングは、膨大な情報の中から必要なものを選び、指針を決めていく、とても時間と労力のかかる業務です。その洞察がより効率的で費用効果の高い取り組みになり、結果的に企業の利益に繋がるといえます。具体的な分析の重要性を見ていきましょう。

(1)傾向の見極め

分析を行うことで、既存顧客の最近の傾向や、競合他社の傾向、市場の傾向を把握できます。重要な傾向を捉えれば、それに合わせた戦略を迅速に実行することが可能です。また、顧客の行動データと合わせて将来市場の検討が行えます。

(2)ユーザーの理解を深める

商品企画から購入までのプロセスを分析することで、既存顧客と見込み客の境目やユーザーが何をきっかけに成果に結びついているか、または離脱しているのかの要因を把握できます。他にもユーザーの行動特徴、ブランディングイメージなど、ユーザーの情報を丁寧にまとめることで、潜在ニーズを探り次に活かせます。

(3)費用対効果

マーケティング分析を活用すれば、予算分配を効果的に行えます。プロセスのどの部分でどの程度費用が必要なのか、また、プロジェクト毎の費用対効果などを算出することで、効果が上がったものと上がらなかったプロジェクトを評価できます。それぞれどういう理由でその結果になっているのかまで分析すれば、今後改善できる可能性が高まります。

2.主なマーケティング分析手法

様々な分析手法の中から、代表的な手法をご紹介します。

(1)STP分析

セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングの頭文字をとって、STP分析といわれています。

セグメンテーションは市場を同質のグループごとに細分化することを指します。たとえば、「性別」「年齢」「健康志向」などがそれぞれのグループになります。

ターゲティングは細分化したグループの中から一番魅力的なターゲットを狙い、ターゲットを決めます。

ポジショニングはターゲットのいる市場の中での立ち位置を明確にします。たとえば、化粧品であれば美白と保湿などの2軸を決め、自社と他社のポジションを明らかにします。

3段階のフレームワークによって、ターゲットと市場内の自社の強みを明確にできます。

(2)PEST分析

Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)の4つの外部環境を分析します。事業を進める上で自社や競合だけでなく、外部環境の影響も見逃せません。

Politics(政治) :種子法などの法規制

Economics(経済) :株式市場や経済動向

Society(社会) :外出自粛などのライフスタイルや社会動向

Technology(技術) :5GやAIなど技術革新

これは改めて行うというよりは、分野ごとに日々情報を集めておくのがオススメです。

(3)4P分析

マーケティング戦略を実行案に落とし込むときに有効な方法です。4Pとは、Product(製品)、Price(価格)、Place(流通)、Promotion(プロモーション)のことです。このフレームワークで、戦略に基づいてどんな製品を開発するか考え、適正価格を決め、どのような販路で、どのように宣伝するかを考えれます。この手法は、一連の流れに矛盾がないかを確認するのに適しています。

(4)3C分析

3Cとは、Customer(市場・顧客)、Competitor(競合他社)、Company(自社)を指します。この3つの関係性を把握することで、自社にあった適切なマーケティング戦略をつくれます。

Customer(市場・顧客):PEST分析で外部環境を分析、顧客のニーズの変化の兆しを探す

Competitor(競合他社) :競合他社がどういう戦略を展開しているのか

Company(自社) :自社の強みと弱み、リソースの確認

(5)SWOT分析

自社の分析に適しているのが、この手法であり、SWOTは、Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の頭文字です。それぞれ自社の強み、弱み、チャンスとなる外部要因、自社の脅威となる環境変化を抽出します。機会と脅威は、些細なことまで挙げるのが大切です。

ここまで紹介した手法を表にまとめます。

手法 適している場面
STP分析 ターゲット選定と市場における自社の強み把握
PEST分析 外部環境把握
4P分析 マーケティング戦略のアクションフロー確認
3C分析 市場把握の上で、自社に適したマーケティング戦略考案
SWOT分析 自社分析

3.マーケティング分析を行う上で知っておきたいこと

様々な分析方法があるのですが、マーケティング分析を行う上で知っておきたいことをまとめました。

(1)分析を行う上での注意点

5つの分析手法をご紹介しましたが、それぞれ単独で使うだけでなく、複数を組み合わせるとなおよいです。たとえば、STP分析とSWOT分析の相性はよく、どちらも行うことで自社の強みを活かしたマーケティング戦略を設計できるようになります。

また、利用できるデータがあればそれをフル活用しましょう。憶測でまとめてしまうと、せっかく分析したのに偏ってしまいます。過去の顧客データ、売上データや国が出している統計データなどを上手く活用すれば、精度の高い分析ができます。

(2)分析を行うときによく用いる指標・用語まとめ

簡単ですが、マーケティング分析の説明などで指標・用語をご紹介します。

用語 意味
KPI 目標の達成度を評価する指標 (例)営業→コンタクト数50件/月
KFS 事業を成功させるために必要な要因 (例)ダイエット→運動、食事
CV 成果目標 (例)ホームページからのパンフレットダウンロード数
リード 見込み客

まとめ

マーケティング分析は、実践してこそ活用されるのであり、分析だけ行っていても不十分です。また、分析をして事業の成功確率が低かったとしても、実際にやってみて初めてわかることもあります。

マーケティングの手法にはWeb広告を含めさまざまなものがあり、分析内容に応じた手法を選択することが大切です。

その上で、もし分析結果から競合との差別化が難しいという課題があるのであれば、ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)をご利用ください。

ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)は、競合サイトを訪れたユーザーに対して広告を表示し、ターゲットとなるユーザーにアプローチできる手法です。そこからのコンバージョン率は、平均60%以上となっています。ぜひお気軽にご相談ください。

 

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

  • LINEで送る

関連記事はありません