Web広告運用担当者必見!広告運用の手順やスキルアップ方法まとめ

  • LINEで送る

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

 

Web広告は、今や売上向上のためには不可欠な方法となっています。

しかしWeb広告は、単に出稿すればそのまま結果につながるものではありません。適切な媒体に適切な広告を出稿し、効果が芳しくなければ改善策を打つなど、戦略的な考えをもって運用する必要があります。この記事では、Web広告運用に必要な考え方やうまく運用していくためのステップをご紹介します。Web広告の運用担当者の方は、ぜひ参考にしてください。

株式会社ディライトソリューションズでは、他社のサイトをリマケできる新Web広告手法ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)を展開しています。

競合サイトのURLを指定していただくことで、見込み客を自社サイトに誘導することが可能。広告費をおさえながらCVアップが狙えます。

もし、

  • Web広告予算に余裕がないため、広告単価を安く済ませたい
  • 競合サイトのWeb集客力が強くて、自社商品・サービスのPRがうまくいかない
  • 他のWeb集客手法を使ってみたけれど、いまいち成果が出ていない

とお考えでしたら、弊社までお問い合わせください。

それぞれのお悩み解消に効果てきめんなライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)の詳しいご説明をさせていただきます。

1.Web広告運用担当者がおさえておきたい2つのこと

Web広告の運用では、具体的に広告媒体の選定、出稿、分析、改善などをしていく必要があります。そうした運用をスムーズに行うために、まずは次の2つをおさえておきましょう。

(1)何のためにWeb広告を出稿するのか

何よりも一番大事なのは、Web広告を出稿する目的です。

後ほど詳しく説明しますが、Web広告にはいくつも種類があります。しかし、商品やサービスの認知を上げるためなのか、購買率を上げるためなのかによって、どういう広告を用いればいいのか変わってきます。

目的に合わせた手法を選ぶためにも、何のためのWeb広告なのかを最初に確認しましょう。

(2)誰に向けてWeb広告を配信するのか

ターゲットを明確にすることも大切です。

誰に対して配信するかによって、ふさわしい媒体や配信の時間帯、曜日などが変わります。ターゲットから具体的な人物像を描くペルソナまで考えられていると、配信後の運用がスムーズになります。

2.Web広告運用の手順

次に、具体的な運用手順を見ていきましょう。

(1)媒体と広告の種類を選定する

Web広告と一言でいっても、実は様々な種類があります。

種類 内容 特徴 主な媒体
①純広告 ポータルサイト等の広告枠を一定期間購入 認知拡大に有効 YahooやGoogleなどのポータルサイト、ターゲットユーザーが閲覧するサイト内
②リスティング広告 検索結果の上位と下位に表示 顕在ニーズのユーザーにアプローチ可 Google、Yahoo
③動画広告 動画再生前、再生途中、関連動画部分に配信 情報が多く伝えられるので訴求力が高い Youtube
④SNS広告 投稿フィードに表示 広告っぽさが少ない、リターゲティング向き Facebook、Instagram、Twitter

このほか、ディスプレイ広告やショッピング広告などもWeb広告に含まれています。

①純広告

Webサイト内の広告を一定期間購入して、広告を表示させます。ポータルサイトの広告枠であれば、その商品やサービスとは全く関係がない人が訪れることも多いため、認知の拡大に有効です。費用は掲載するサイトのページビュー数によって異なります。

②リスティング広告

検索連動型の広告で、設定した検索ワードをユーザーが検索することで表示されます。上位に表示されるほどクリック率が高く、表示順位は入札金額によります。検索ワードの設定が非常に重要で、運用しながら改善していきます。顕在ニーズを持ったユーザーに直接アプローチできるので、成果につながりやすいです。費用はクリック単価です。

③動画広告

Youtube広告といわれるものです。動画の再生前や途中などに表示します。動画広告の中にもスキップの可不可や長さなどの種類がありますが、どのタイプも最初の6秒はスキップできないので、そこで印象付けるのが大事です。伝えられる情報量が多いので、ブランディングやリピート商材(教育や化粧品など)に向いています。費用は、表示回数か30秒以上の視聴回数です。

④SNS広告

SNSの投稿フィードに投稿と同じ形式で表示します。一見広告っぽくないので、興味を持ったもらいやすく、一度Webサイトに訪れたユーザーを対象にしたリターゲティングにも向いています。SNSのメディアの投稿の特徴や、使っている年代の差などがあります。費用は表示回数かクリック回数です。

(2)目標達成までにかかる費用を概算する

ある程度どの広告にするのか目星がついてら「このWeb広告媒体を用いた場合、目標達成までに必要な費用はどのくらいなのか」という視点で費用を算出します。それと予算を照らし合わせて、実際にその広告媒体を用いるかどうか決めましょう。

なお、Web広告の費用相場は、下記で詳しく紹介しています。

Web広告6つの費用相場まとめ おすすめ広告や効果の高め方も紹介

(3)出稿する

Web広告を、規定に沿って出稿します。出稿後は、毎日、広告が表示されるかを確認しましょう。広告を配信する前に審査があるのですが、通ったと思った審査に突然落ちたり、支払関係のトラブルで表示されなくなることもあります。また、表示回数が少なくなってきた場合などには改善が必要なので、日々チェックするのが大事です。

配信内容や配信設定の状況把握

一定期間表示していると、どんなユーザーにどんなときに表示されているのか、表示回数に対してのクリック回数などの情報が蓄積されます。それらを分析して、より訴求力の高い画像や文章に変更したり、配信設定を改善したりすることで、費用対効果の高いWeb広告運用になります。

(4)効果を分析し、必要があれば改善する

Web広告は、どんなユーザーにどんなときに表示されているのか、表示回数に対してのクリック回数はどのくらいかなど、さまざまな情報が得られるのが特徴です。

それらを分析して、より訴求力の高い画像や文章に変更したり、配信設定を改善したりすることで、費用対効果の高いWeb広告運用になります。

3.Web広告運用担当者におすすめのスキルアップ方法

Web広告の運用では、さまざまな知識が求められます。運用経験を重ねることでそうした知識は得られますが、次のような方法でよりスピーディーに習得することも可能です。

(1)資格取得

Google、Yahoo、Facebookは独自のWeb広告運用の資格試験を提供しています。資格を取得することで、正しい知識が得られますし、担当者としての自信と社内外への説得力が増します。Googleは5つの認定資格、Yahooは1つ、Facebookは9つの認定資格を設けており、その中から業務に一番役に立ちそうなものを選んでください。Googleは無料で受験できますが、Yahoo、Facebookは有料です。

(2)オンライン学習

GoogleやFacebook、Yahoo!には、無料で広告運用を学べるサイトや動画が用意されています。ほかにも、認定試験対策講座を提供している企業もあります。

参考:ホーム : スキルショップ│Google

参考:Facebook認定資格: Facebookによるエキスパート認定資格試験 | Facebook for Business

参考:公式 ラーニングポータル│Yahoo!広告

4.Web広告を検討中なら株式会社ディライトソリューションズまでご相談ください

Web広告は、基本的な知識を得られれば初心者でも始められます。一番難しいのは、一定期間配信した後のデータをどう分析して改善していくかという点です。運用を全て専門家に任す必要はありませんが、相談してみるとヒントが得られるかもしれません。

株式会社ディライトソリューションズでは、新Web広告手法ライバルマーケティング広告(ライバルマーケティング広告)を提供しています。

特定のWebサイトにアクセスしたユーザーが別のページに遷移したタイミングで、自社広告を表示。Webサイトは、お客様のほうで自由にいくつでも指定できるため、競合サイトを指定すれば、自社商品・サービスに興味のあるユーザーにピンポイントで配信できます。従来のWeb広告手法よりも高い訪問率や成約率を実現できるのが特徴です。

ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)は、

  • コストをかけずにWebプロモーションがしたい
  • リスティング広告を出向したけれど効果が出ていないような気がする
  • 記事広告を活用して集客したい
  • O2Oマーケティングがうまくいかない
  • Google広告や動画広告を効果的に表示させたい

そうした課題を抱えている企業様にも多く選ばれています。

マーケティングご担当者様は、お気軽にお問い合わせください。

CPA(顧客獲得単価)を半分におさえることに成功した事例のご紹介を交えながら、ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)の特徴やメリットを、より詳しくご説明いたします。

 

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

  • LINEで送る

関連記事はありません