【簡単解説】マーケティングと広告の違いとは?それぞれの種類と特徴

  • LINEで送る

  ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!  

 

マーケティングと広告という言葉は、それぞれが広義なのでマーケティング=広告のように同一の意味に捉えている人もいるでしょう。どちらもよく使われている言葉ですが、改めて考えてみると説明が難しいこともあります。今回はマーケティングと広告の定義や役割について、それぞれ紹介します。

株式会社ディライトソリューションズでは、他社のサイトをリマケできる新WEB広告手法「ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)」サービスを展開しています。

競合サイトのURLを指定していただくことで、見込み客を自社サイトに誘導することが可能。広告費をおさえながらCVアップが狙えます。

もし、

  • 広告予算に余裕がない
  • 競合サイトの集客力が強くて、自社商材のPRがうまくいかない
  • 他の広告手法を使ってみたけれど、いまいち成果が出ていない

とお考えでしたら、弊社までお問い合わせください。

それぞれのお悩み解消に効果てきめんな「ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)」の詳しいご説明をさせていただきます。

1.マーケティングと広告の関係性

 

マーケティングと広告は並列の関係ではありません。それぞれの定義や役割を解説して関係性を確認していきましょう。

(1)マーケティングとは?

マーケティングは、商品やサービスが売れるための仕組みづくりです。市場調査という意味で使われることもありますが、それはマーケティングの一部分です。市場を分析し、顧客のニーズをもとに商品・サービス開発を行い、そこから販売戦略を考えて実践するという過程の全てがマーケティングです。市場調査を行って既存のサービスをどうやってPRするかを考えるのも一例です。

マーケティングの役割は、時代に合わせて変化してきています。性能の高い製品をつくれば売れていたモノの価値が高かった時代は、今市場にないものを競合よりも早く生み出すことが必要で、マーケティングの重点はそこに置かれていました。

一方、現在は、体験や感情のシェアなどコトの価値が高くなり、顧客の潜在的なニーズを引き出すことが重要になっています。また、宣伝の方法も多岐にわたり、そこまで見据えた戦略を考えるのがマーケティングの役割です。

(2)広告とは?

広告とは、メディアを通して商品・サービスを世間に広く知らせる活動のことです。新しい商品の発売と同時にCMを流したり、映画館で上映前に他の作品のPR動画を流したりするのもそうです。基本的にはまだ知られていないものを知ってもらうことが目的です。

広告の役割は、情報伝達がメインですが、それ以外にも企業や事業などの説明機能や、流行などの社会文化の形成も担っています。広く認知してもらうことを目的にしているので、社会的影響力があります。

(3)広告はマーケティングの一手法

マーケティングは4つの分野にわけて考えることができます。マーケティングの4Pと呼ばれており、①Product(商品) ②Price(価格) ③Place(流通) ④Promotion(宣伝)です。広告は④Promotion(宣伝)の中の一手法です。

宣伝の中には口コミやイベント・セミナーなど、広告以外の手法も含まれています。 つまり、広告はマーケティングの一手法ということです。

2.マーケティングの種類

次に、分野ごとのマーケティングのそれぞれの特徴をご紹介します。

(1)webマーケティング

インターネット上で行われる全てのマーケティングの総称です。主に自社サイトやブログを活用して顧客の分析を行ったり、ウェブ広告を通して新たな顧客を開拓したりします。インターネット上で商品が購入できたり、サービスが完結したりするものに向いています。

(2)ジオマーケティング

位置情報を利用したマーケティング手法です。GPS付きの携帯電話を持っている人が日本国内で約7割なので、そこから年代や家族構成、時間帯などの情報を合わせてターゲット層の行動を分析できます。地理的なことを活かした戦略が立てれるので、地域密着型のサービスや旅行関係、不動産などに向いています。

(3)インタラクティブマーケティング

少しユニークなマーケティングとして、顧客が選択していくことで進むストーリー動画やアンケートに応えると適した提案がでてくるコンテンツなど、顧客の反応を反映するマーケティングがあります。より顧客に寄り添う形のマーケティングといえるでしょう。リピーターを増やしたい企業やオリジナリティを出したい商材・サービスに向いています。

今後は、ARとAIのような技術の進化により、インタラクティブなツールがますます増えていくのではないかと予想されています。

3.広告の種類

マーケティングと同じように、広告にも種類があります。それぞれの特徴を見ていきます。

(1)マス広告

目にする機会の多い、テレビ、新聞、ラジオがマス広告です。マスとは、英語で大規模である様子を表します。一度に大規模な範囲に届けることができるため、社会的影響力が大きく、そこで発信された内容がブームになるときもあります。

メリットは広く告知できることですが、どうしても不特定多数になってしまうのがデメリットです。そのため、あまりニッチな商品・サービスには適していない方法といえます。また、費用が他の手法と比べると高い傾向にあります。

(2)セールスプロモーション広告

キャンペーンなどを行って販売・購買意欲を高めるための活動の総称がセールスプロモーションです。イベントや展示会でパンフレットなどを配るのも一つの例です。他にも、流通業者のインセンティブを上げることで販売モチベーションを上げたり、社内の営業担当に権限を与え、自主的な販売促進につなげることも一つです。

顧客に直接働きかける取組みが多く、一時的で即物的な特徴があります。ですので、例えば家電や洋服など実際に手に取れたり、試したりできる商品・サービスに適しているでしょう。

(3)インターネット広告

インターネット上の広告の総称です。例えばYouTubeの再生途中で流れる動画広告や、SNSのフィードに出てくるバナー広告などがそうです。検索したときに上位部分に表示させるリスティング広告なども近年増えてきています。

インターネット広告は比較的安価ですが、ターゲットに合わせた設定にすることが非常に重要で、情報を集められる分、分析の上で改善が必要です。競合に勝ちたい企業や新規顧客を獲得したい企業に適しています。

4.まとめ

マーケティングは市場調査から販売までの戦略全体のことで、広告はその中の一手法という関係性です。これは、広告を打つときは、全体的な戦略の中で適した広告を選ぶのが大切であることを意味しています。

とはいえ、それぞれに種類があり、実際に自社にあったものを選ぶのは少し難しいかもしれません。そういうときはまず、自社の強みだけでなく、弱みも考慮した上で、現状を整理してみるのをオススメします。

株式会社ディライトソリューションズでは、「ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)」サービスを展開しています。御社が狙いたいターゲットに、ピンポイントでWeb広告を配信することが可能です。もしWebマーケティングに関心があれば、お気軽にお問い合わせください。

 

  ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!  

  • LINEで送る

関連記事はありません