バイラルマーケティングとは?特徴や事例、実施する際の注意点を紹介

  • LINEで送る

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

 

バイラルマーケティングとは、各種SNSの普及に伴って生まれたマーケティング手法の一つです。

ユーザーの自発的な行動を利用するため、一度火が付けば低コストで爆発的な売上が見込めるものの、他と比べてコントロールできない要素が多分に含まれており、実施する際には慎重さが求められます。

この記事では、バイラルマーケティングの基本と事例を紹介します。

株式会社ディライトソリューションズでは、他社のサイトをリマケできる新Web広告手法ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)を展開しています。

競合サイトのURLを指定していただくことで、見込み客を自社サイトに誘導することが可能。広告費をおさえながらCVアップが狙えます。

もし、

  • Web広告予算に余裕がないため、広告単価を安く済ませたい
  • 競合サイトのWeb集客力が強くて、自社商品・サービスのPRがうまくいかない
  • 他のWeb集客手法を使ってみたけれど、いまいち成果が出ていない

とお考えでしたら、弊社までお問い合わせください。

それぞれのお悩み解消に効果てきめんなライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)の詳しいご説明をさせていただきます。

1.バイラルマーケティングとは

バイラルマーケティングとは、口コミやSNSのシェアを使って「バイラス(Virus)=ウイルス」のように自然に拡散されていくことを狙ったマーケティング手法を言います。有益な情報や共感した情報は、人に伝えたくなるという人間の心理を活用したものです。

(1)特徴

バイラルマーケティングの特徴は、3つあります。

①ユーザーの自発的な行動の利用

ユーザーの自発的な行動を活用して、結果的に商品やサービスの認知度やブランドのイメージアップになるようにするのが特徴です。

うまく拡散されるように、拡散したユーザーに特典(シェアすると割引を受けられるなど)をつけたりすることもあります。

②コントロールができない

どの情報がどの程度拡散されるかが読みにくいのも特徴としてあげられるでしょう。

コントロールできないことで宣伝っぽくならないというメリットがありますが、よくないイメージの拡散も止められないデメリットがあります。

③低コスト

ひとたび拡散してしまえば、広告以上の効果が出るときもあります。コンテンツの製作代だけでおさえられるのも特徴のひとつです。

(2)バズマーケティングとの違い

バイルスマーケティングと似ているのがバズマーケティングです。

バズマーケティングとは、影響力のあるメディアや人物を活用して商品やサービスを宣伝する手法です。たとえば、プレスリリースやユーザーのレビューを集めるなどが含まれます。

(3)インフルエンサーマーケティングとの違い

インフルエンサーマーケティングとバイラルマーケティングの違いは、インフルエンサー起点による発信かどうかです。インフルエンサーマーケティングは、人気Youtuberに商品を使ってもらったり、インスタグラマーや芸能人に紹介してもらうことで、購買数を上げたり、認知度を高めたりします。

2.バイラルマーケティングの具体例

バイラルマーケティングは、シェアする動機付けが重要です。異なる動機づけの具体例を紹介します。

(1)Fit’s「ユーザー参加型の動画コンテストを開催」

大手食品メーカーのロッテ株式会社が、ガムの「Fit’s」のテレビCMをもとにしたダンスコンテストをYouTube上で開催、ユーザーの自発的な行動を促して「Fit’s」の売上を伸ばした事例です。

ロッテのコンテストの特徴は、再生回数が一番多かった動画投稿者に賞金があたることでした。ユーザー自身が積極的に自分の動画を宣伝すれば、確実に優勝に近づける仕組みにしたのです。

ロッテの狙いは成功し、1732本の動画が公開されると、それぞれのユーザーが宣伝・拡散。動画の総再生回数は2,100万回以上となり、多くのユーザーに認知された「Fit’s」は半年で5,000万個出荷されました。

参考:「Fit’sダンスコンテスト」キャンペーン:朝日新聞社メディアビジネス局 – 広告朝日 (asahi.com)

(2)Dropbox「ファイル共有サービスを無料で提供」

Dropboxは、2008年にローンチされたクラウドストレージサービスです。アメリカのDropbox, Inc.によって提供されています。

Dropboxでファイルを共有するためには、ユーザー登録が必要ですが、基本的に無料で利用できます。それによって、既存ユーザーが家族や同僚に利用を勧める行動を取ることを促しています。

Dropboxは、このような口コミのみで新規ユーザーを集める戦略で、2016年にはユーザー数が5億人を超えました。新規アカウントの44%は、既存のユーザーからの紹介ということです。

ところで、Dropboxでは、無料で利用できるだけでなく、定期的に新サービス・新機能を追加したり、友達招待をしたユーザーに500MBの無料容量にプレゼントをしたりしています。口コミが広がり、ユーザーが雪だるま式に増えたのは、こうしたユーザーファーストの視点もあったからかもしれません。

参考:Dropbox の歴史|Dropbox はこうして 5 億人超のユーザー支持を得た!│Dropbox Business

参考:Celebrating half a billion users│Dropbox, Inc.

参考:Dropboxの成功の歴史を一枚の絵にまとめたインフォグラフィック│SEO Japan

3.バイラルマーケティングを行う上での注意点

バイラルマーケティングは一歩間違うと大きな失敗になってしまうこともあります。実際に行う前には、慎重に確認しましょう。

(1)違法にならないようにラインを見極める

拡散される際に、企業側の圧力があると口コミをお金で買うステルスマーケティングと思われて違法になってしまうことがあります。また、あからさまな広告を広告と明記せずに行うことも違法です。

コンテンツ内容にも注意しながら、あくまで自然に拡散されることを目指しましょう。違法になってしまった場合、拡散したユーザーが不利益を被ったり、企業イメージが悪くなってしまうため、注意が必要です。

(2)あからさまな宣伝ではない良質なコンテンツ作り

コンテンツが良いものでなければ、バイラルマーケティングは成立しません。しかもあからさまな宣伝コンテンツであれば、拡散される可能性も低くなってしまいます。商品の特徴や他社との差別化という視点よりも、面白さ、楽しさ、人に話したくなる、お得感を生み出す内容を意識してみてください。

(3)拡散スピードを見越した体制づくり

せっかく話題になったとしても、在庫が切れてしまったり、手が回らず十分なサービスの提供ができかったりすれば、ユーザーの不満につながるでしょう。そのときはすでに多くの人に認知されている状態なので、悪評が一気に広まる可能性もあります。拡散されたときの体制づくりもシミュレーションしておきましょう。

4.Web広告を検討中なら株式会社ディライトソリューションズまでご相談ください

バイラルマーケティングは話題性の高い手法ですが、一方でコントロールできない部分も多いため、ギャンブル性もあります。確実に売上を上げていくためにも、まずは新規顧客の獲得に有効なWeb広告をおすすめします。

株式会社ディライトソリューションズでは、新Web広告手法ライバルマーケティング広告(ライバルマーケティング広告)を提供しています。

特定のWebサイトにアクセスしたユーザーが別のページに遷移したタイミングで、自社広告を表示。Webサイトは、お客様のほうで自由にいくつでも指定できるため、競合サイトを指定すれば、自社商品・サービスに興味のあるユーザーにピンポイントで配信できます。従来のWeb広告手法よりも高い訪問率や成約率を実現できるのが特徴です。

ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)は、

  • コストをかけずにWebプロモーションがしたい
  • リスティング広告を出向したけれど効果が出ていないような気がする
  • 記事広告を活用して集客したい
  • O2Oマーケティングがうまくいかない
  • Google広告や動画広告を効果的に表示させたい

そうした課題を抱えている企業様にも多く選ばれています。

マーケティングご担当者様は、お気軽にお問い合わせください。

CPA(顧客獲得単価)を半分におさえることに成功した事例のご紹介を交えながら、ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)の特徴やメリットを、より詳しくご説明いたします。

 

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

  • LINEで送る

関連記事はありません