シニアマーケティングとは?特徴や手順、役立つサービス3選を紹介

  • LINEで送る

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

 

シニアマーケティングとは、シニア層(平均65歳以上の男女)をターゲットに、商品の購入・サービスの利用につながる施策を考え、実行し、改善を繰り返しながら売上を伸ばす活動です。

内閣府が発表している令和2年度の高齢社会白書によれば、日本の全人口のうち約3割が65歳以上とされています。シニアマーケティングは、今後企業が事業を拡大させる上で、ますます重要な手段のひとつになると考えられます。

この記事では、シニアマーケティングを行う上でのポイントなど事例を交えながら紹介します。

株式会社ディライトソリューションズでは、他社のサイトをリマケできる新Web広告手法ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)を展開しています。

競合サイトのURLを指定していただくことで、見込み客を自社サイトに誘導することが可能。広告費をおさえながらCVアップが狙えます。

もし、

  • Web広告予算に余裕がないため、広告単価を安く済ませたい
  • 競合サイトのWeb集客力が強くて、自社商品・サービスのPRがうまくいかない
  • 他のWeb集客手法を使ってみたけれど、いまいち成果が出ていない

とお考えでしたら、弊社までお問い合わせください。

それぞれのお悩み解消に効果てきめんなライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)の詳しいご説明をさせていただきます。

1.シニアマーケティングとは

(1)特徴

シニアマーケティングとは、平均65歳以上の男女を対象にしたマーケティングです。

シニアマーケティングの特徴は、シニアと一口にいっても年齢に40歳以上の幅があり、またターゲットとなるシニアがどの程度自分で動けるかによって、何をすべきか変わることです。最近では、①働く現役シニア、②アクティブシニア、③ノンアクティブシニア、④要介護のパッシブシニアと分類し、施策を考えるのも一般的になっています。

また、シニアマーケティングでは、Web広告やSNSを使った宣伝も実は効果的で、積極的に行われています。シニア層はインターネットを使わないイメージがあるかもしれませんが、令和2年度の高齢社会白書によれば60~69歳の9割が過去1年間にインターネットを利用しています。また、70~79歳でも7割以上、80歳以上でも5割以上という結果が出ています。

(2)メリット

医療技術の発展や衛生環境のおかげで人生100年時代という言葉が普及してきました。平均寿命も緩やかに伸び続けています。そのため、シニアに対して適切にアプローチできれば、成果を上げ続けることができます。商品・サービスを一度気に入ってもらうとシニア同士のネットワークによって、拡散されやすくなります。

(3)注意点

①固定観念を持たない

社会との接点が比較的少ないため、ライフスタイルの傾向を把握するのが難しい部分もありますが、固定観念で判断しないようにしましょう。

たとえば、シニア世代は和食が好きというイメージがあるかもしれませんが、平日昼間のファミリーレストランや喫茶店をシニアユーザーが利用していますし、マクドナルドなどのファストフード店もシニアの子ども時代から存在していました。料理をするのが面倒だからとコンビニで冷凍食品を購入する人もいます。

今のシニアはどうか?という目線で市場を調査してみましょう。

②トレンドやメディアの影響を考慮

シニアにも流行があります。消費傾向のトレンドは変化することを意識しておくのがオススメです。また、シニアには新聞やテレビなどマスメディアを利用している方が少なくありません。メディアで報道された内容の影響力は多大です。たとえば、企業イメージなど一転して良くも悪くもなります。マスメディアでどんなことが報道されるかも意識しておきましょう。

2019.4.4 カラーテレビについて | シニアライフ総研 (seniorlife-soken.com)

2.シニアマーケティングを行う手順

次に具体的にどのように考えていくかをご紹介します。

(1)シニアを大分類

まずは、ターゲットにしたいシニアを明確にするために、シニアを分類します。

大分類は以下の4つです。

①働く現役シニア

一度退職した後、また別の形で再就職している層。現役労働者と思っている。

②アクティブシニア

ボランティアや趣味のサークルなど、日常的に外に出ている層。自分のことをシニアとは思っておらず、心身ともに元気。

③ノンアクティブシニア

家で過ごす時間が長い層。家でできる趣味、庭いじりや読書、編み物などが盛ん。

④要介護のパッシブシニア

日常的にサポートが必要な、要介護の層。知性は衰えていない場合があり、おしゃべりや趣味などできる範囲で生活を充実している。

この分類のどこをターゲットにするか決めます。

(2)それぞれの価値観・ライフスタイルを調査

その後、さらに詳しくどういうライフスタイルなのか、どういう価値観を持っているかを調査します。調査は実際にヒアリングを行うのも効果的ですが、リサーチ会社を活用したり、サービス提供会社に連絡するのもよいでしょう。たとえば、④パッシブシニアの場合、介護サービスを提供している会社にヒアリングできれば、外からでは分かりにくいユーザーの実態が見えてきます。

(3)宣伝媒体を選定

調査がある程度終わったら、自社の商品・サービスを提供するペルソナを策定します。そして、ペルソナに合わせて、どの媒体を使ってユーザーと接点を持っていくか考えます。メディアといわれるもの以外にも、趣味の活動を行う拠点となる公民館や町内集会なども一つの媒体です。アイディアを複数出し、一つに絞るのではなく複数の媒体、たとえばオンラインとオフラインの両方で行うのも効果的です。

3.事例「見守りホットライン iポット」

家電メーカーとして知られる象印マホービン株式会社が、2001年にリリースした電気ポットを使ったシニアの見守りサービスです。これには、NTTと富士通、象印の三社が協同しています。このサービスが生まれるきっかけはシニアの家族の「離れて住む両親の変化に気づきたい」というニーズでしたが、今でも続いている理由は、実はサイトの改良やWeb広告の配信を始め、ほっておくと減少してしまう契約ユーザーの増加を狙い、成功したからです。半永久的に利用していただけるサービスの仕組みと、マーケティング戦略の成果が出ている事例です。

iポット誕生秘話 | みまもりほっとライン | 象印マホービン株式会社 (mimamori.net)

電気ポットによる高齢者見守り事業が16年続く理由|日経BizGate (nikkei.co.jp)

4.シニアマーケティング担当者におすすめのサービス3選

シニアマーケティングを検討している担当者の方に役立つサービスを3つ、ご紹介します。

(1)Web広告「ライバルマーケティング広告

競合サイトのURLを指定することで、自社の商品・サービスを広告を表示できるWeb広告手法です。シニアユーザーの家族をターゲットにしている競合サイトの集客力が強ければ、自社の商品・サービスの認知度が低くても、確実に見込み客を集めることができます。

なお、費用については、サービスの利用範囲によって異なります。提供元の株式会社ディライトソリューションズにお気軽にお問い合わせください。無料のセミナーを開催することもあります。

Webサイト⇒https://delight-solutions.co.jp/services/competitor/

(2)市場調査「シニアライフ総研

ターゲットとするシニアの実態調査を依頼できます。2008年創業のルーツ・オブ・コミュニケーション株式会社が運営している自社メディアです。シニアライフ総研がまとめている定性データなども見れます。詳細はお問い合わせください。

Webサイト⇒https://www.seniorlife-soken.com/

(3)SNSコミュニティ「趣味人倶楽部

月間3,000万PV、115万登録ユーザーのSNSサイトです。広告掲載の費用は経由会社によって異なるようなので、お問い合わせください。広告を掲載しなかった場合でも、人気の趣味やトレンド把握の情報源としても使えます。

Webサイト⇒https://smcb.jp/

5.Web広告を検討中なら株式会社ディライトソリューションズまでご相談ください

シニアマーケティングは伸びしろのある市場です。しかし、その実態を掴んで商品化するまでには一定の時間を要することもあります。事例で紹介した象印マホービン株式会社は、サービス開始まで4年かかっています。シニアマーケティング市場の競争が激しくなる前に、少しずつでも検討を始めておくのがよいといえます。

株式会社ディライトソリューションズでは、新Web広告手法ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)を提供しています。

特定のWebサイトにアクセスしたユーザーが別のページに遷移したタイミングで、自社広告を表示。Webサイトは、お客様のほうで自由にいくつでも指定できるため、競合サイトを指定すれば、自社商品・サービスに興味のあるユーザーにピンポイントで配信できます。従来のWeb広告手法よりも高い訪問率や成約率を実現できるのが特徴です。

ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)は、

  • コストをかけずにWebプロモーションがしたい
  • リスティング広告を出向したけれど効果が出ていないような気がする
  • 記事広告を活用して集客したい
  • O2Oマーケティングがうまくいかない
  • Google広告や動画広告を効果的に表示させたい

そうした課題を抱えている企業様にも多く選ばれています。

マーケティングご担当者様は、お気軽にお問い合わせください。

CPA(顧客獲得単価)を半分におさえることに成功した事例のご紹介を交えながら、ライバルマーケティング広告(ライバルターゲティング広告)の特徴やメリットを、より詳しくご説明いたします。

 

ライバルマーケティング広告セミナー開催中! 他社ってリマケできるの?新世代の広告手法を徹底解説!オンラインセミナー開催中!

  • LINEで送る

関連記事はありません